DSP 平塚エンジニアリング

C6713DSK DSPスタータキット拡張ボード

Products

RS232C拡張インターフェースボード
電池バックアップ メモリーボード

DSK6713IF/RS1

TI製TMS320C6713DSK 拡張インターフェース
バックアップ メモリーボード


2チャンネルUART専用IC搭載
価格 \134,000 (税抜価格)

・ DSK6713 IF/RS1(詳細仕様)
・テクニカルマニュアル(pdf)Adobe Acrobat File

DSK6713/RS1
 ■ 用途
RS-232C
パラメータ、係数などの設定の変更
DSKにて取得したデータのホストへの転送
解析データのモニタ
電池バックアップ型SRAM
パラメータ、係数の保存
取得データの保存
CCSのリブート、係数変更の為の再コンパイル回数の削減

DSK6713IF/RS1はTI製DSPスタータキット用に開発したRS-232C拡張インターフェースボードです。
RS-232Cポートの他に電池バックアップ型SRAMを搭載しているため、フィルタ係数やその他の設定値の保存ができます。

特長

シリアル通信用に専用のUARTデバイスを搭載しているため、DSKのオーディオ入出力と併用して使用することができます。(※1)
最高ボーレート:230.4kbps(ボーレートはチャンネルごとに独立して設定可能)
ラインコントロール、モデムコントロール端子の全て制御可能。
ESD保護±15kV
DSPからUARTデバイス直接アクセスが可能な為、ユーザーオリジナルの通信方式による、プログラムが可能です。
パラメータ、係数設定値保存用に電池バックアップ型SRAM(256kワード)を搭載。リブート、電源の再投入を行った場合においても、内容は保持されます。
開発に便利なサンプルプログラムを付属。(通信基本プログラム)
機能の技術的詳細はテクニカルマニュアルAdobe Acrobat Fileを参照ください。(pdf)

※1 DSKにてシリアル通信を実現する方法として、UART ICを使用する方法とMcBSPを使う方法の2種類が存在しますが、DSKのMcBSPポートはオーディオCODECに接続されている為、同時に使用することができません。

RS-232C DSKオーディオ入出力
McBSPを使用
×
×
UART ICを使用
(UART IC)

(McBSP)

製品概要

DSK6713IF/RS1

製 品 名 仕   様
DSK6713IF/RS1 DSK用RS232C拡張インターフェースボード

・ DSK6713 IF/RS1(詳細仕様)
・ テクニカルマニュアルAdobe Acrobat File



関連製品
C6713DSK関連製品
デジタル入力ボード
デジタル出力ボード
マルチDSP(DSK)
共有メモリリンク
200kHzサンプリングAD,DA
(汎用)
200kHzサンプリングAD,DA
(制御用)
500kHzサンプリングAD,DA
アナログインターフェース
ケース・電源
弊社製品のラインナップ
 リンクメニュー
トップページ
製品情報
DSPボード(自社製)
DSK拡張ボード
C6713DSK対応製品
-A,B,C
AIO1
AIO2
AIO3
AIO24-A,B
RS1
DI2
DO2
DPM1
C6416DSK対応製品
C6455DSK対応製品
C5510DSK対応製品
その他DSK対応製品
アナログIFボード
その他オプション
TI製DSK
カスタム品
HEG製品ラインナップ
サポート
アプリケーション
DSP入門
技術資料
お問い合わせ
資料請求
購入情報
会社案内
サイトマップ
All Rights Reserved, Copyright (C) Hiratsuka Engineering Co.,Ltd. 2001-2016