HOME > TI製DSPスタータキット関連製品 > DSKxxxxIF/RS1
製品情報
DSK拡張ボード
DSKxxxxIF-x
DSKxxxxIF/AIO1
DSKxxxxIF/AI2
DSKxxxxIF/AO2
DSKxxxxIF/RS1
DSKxxxxIF/DI2
DSKxxxxIF/DO2
カスタム品
アナログI/F製品
その他オプション
TI製DSK
サポート
アプリケーション
DSP入門
技術資料
お問い合わせ
資料請求
購入方法
会社案内
 

DSKxxxxIF/RS1

DSK用RS232C拡張インターフェースボード

2チャンネルUART専用IC搭載
・C6713DSK,・C6416DSK用をご用意。
価格 \134,000 (税抜価格)

■ 用途
RS-232C
パラメータ、係数などの設定の変更
DSKにて取得したデータのホストへの転送
解析データのモニタ
電池バックアップ型SRAM
パラメータ、係数の保存
取得データの保存

DSKxxxxIF/RS1シリーズはTI製DSPスタータキット用に開発したRS-232C拡張インターフェースボードです。
RS-232Cポートの他に電池バックアップ型SRAMを搭載しているため、フィルタ係数やその他の設定値の保存ができます。

シリアル通信用に専用のUARTデバイスを搭載しているため、DSKのオーディオ入出力と併用して使用することができます。(※1)
最高ボーレート:230.4kbps(ボーレートはチャンネルごとに独立して設定可能)
ラインコントロール、モデムコントロール端子の全て制御可能。
ESD保護±15kV
DSPからUARTデバイス直接アクセスが可能な為、ユーザーオリジナルの通信方式による、プログラムが可能です。
1点の割り込みレベルでボードのすべてのチャンネルをコントロールできます。
パラメータ、係数設定値保存用に電池バックアップ型SRAM(256kワード)を搭載。リブート、電源の再投入を行った場合においても、内容は保持されます。
機能の技術的詳細は ・テクニカルマニュアルAdobe Acrobat File を参照ください。(pdf)
 
※1 DSKにてシリアル通信を実現する方法として、UART ICを使用する方法とMcBSPを使う方法の2種類が存在しますが、DSKのMcBSPポートはオーディオCODECに接続されている為、同時に使用することができません。
RS-232C DSKオーディオ入出力
McBSPを使用
×
×
UART ICを使用
(UART IC)

(McBSP)



製 品 名 仕   様
DSKxxxxIF/RS1 DSK用RS232C拡張インターフェースボード
詳細
・ DSK6713 IF/RS1
・ DSK6416 IF/RS1
 
・ テクニカルマニュアルAdobe Acrobat File





All Rights Reserved, Copyright (C) Hiratsuka Engineering Co.,Ltd. 2001-2016