DSP 平塚エンジニアリング

DSP入門

DSP Guide

前へ | 上へ | 次へ

扱える周波数帯域


 リアルタイム処理をする場合には、1サンプル取り込み、 次にサンプルするまでに処理を完了しなければならないため、現在のところ、数十から数百kHz程度となっています。 しかし、最近のDSPは処理が高速になっており、MHz帯域の処理も可能となりつつあります。 しかし、コストがかかるため、高い周波数の処理を行うために高速なDSPを用いるのではなく、複雑な処理を行うために高速なDSPを用いるのが一般的です。
(簡単な処理ではアナログ信号処理でも実現できるため、DSPのメリットが少なくなってしまう。)







関連製品リンク
関連製品リンク
All Rights Reserved, Copyright (C) Hiratsuka Engineering Co.,Ltd. 2001-2016