DSP 平塚エンジニアリング

サポート

tech support

上へ

良くある質問(FAQ)

― DSK6713IF-A,B,C / DSK6146IF-A,B,C / DSK6455IF-A,B,C / DSK5510IF-A,B,C ―


■ サンプルプログラムについて

サンプルプログラムの内容は?
A1
以下の内容になっています。

プログラム名 内     容
<thru1> A/D、D/Aのスルー
 ・ ポーリングによる取得。
 ・ ディップスイッチで設定。
 ・ 外部割込み(INT4〜7)は使用しません。
<thru2> A/D、D/Aのスルー
 ・ 内部発生サンプリングクロックによる取得。
 ・ ディップスイッチによる設定。
 ・ 外部割込み(INT4)を使用。
<thru3> A/D、D/Aのスルー
 ・ 内部発生サンプリングクロックによる取得。
 ・ 設定は「設定レジスタ」に対しプログラムで行う。
 ・ 外部割込み(INT4)を使用。
<dma1a> DMAを使ってA/Dデータの取得
 ・ DMAを使って1チャンネルA/Dデータの取得
 ・ 取得したデータをCCSグラフ機能で表示
<dma1b> DMAを使ってA/Dデータの取得
 ・ DMAを使って2チャンネルA/Dデータの取得
 ・ 取得したデータをCCSグラフ機能で表示
<dma2a> DMAを使ってD/Aデータを出力
 ・ DMAを使って1チャンネルD/Aデータの出力
 ・ 取得したデータをCCSグラフ機能で表示
<dma2b> DMAを使ってD/Aデータを出力
 ・ DMAを使って2チャンネルD/Aデータの出力
 ・ 取得したデータをCCSグラフ機能で表示
<dma3a> DMAを使ってA/D、D/Aのスルー
 ・ DMAを使って1チャンネルA/Dデータの取得
 ・ DMAを使って1チャンネルD/Aデータの出力
 ・ ピンポンバッファ使用
<dma3b> DMAを使ってA/D、D/Aのスルー
 ・ DMAを使って2チャンネルA/Dデータの取得
 ・ DMAを使って2チャンネルD/Aデータの出力
 ・ ピンポンバッファ使用
※Cソースコードが添付されており詳細はテクニカルマニュアルを参照してください。
※BIOS未使用、DSP/BIOS使用したものもそれぞれ付属しています。



初心者でも立ち上げが難しくないでしょうか。
A2
実際使用されると思われる、各種サンプルプログラム(Cソースコード含む)が付属されていますので改造して使用すれば簡単です。
本ボードは初心者でも安易に使えるよう充分考慮した設計になっております。















 

関連製品リンク
関連製品リンク
All Rights Reserved, Copyright (C) Hiratsuka Engineering Co.,Ltd. 2001-2018