DSP 平塚エンジニアリング

DSP入門

DSP Guide

前へ | 上へ | 次へ

言語について


 DSPの場合は、プログラムのサイクル数を少しでも減らそうとするため、以前はアセンブリ言語を使わざるをえなかったのですが、最近ではC言語で記述してもアセンブラと比べて70〜80%のコード効率が得られるようになりました。また、製品の開発サイクルの短縮化やモジュールの再利用化の点からC言語を使う機会が増えてきています。

TI製3000、5000シリーズではアセンブリ言語で開発を行うのが一般的ですが、6000シリーズではレジスタベースのアーキテクチャであるためコンパイラと親和性が高く、C言語による開発が可能です。また、アセンブリ・コードに近い最適化を施す「アセンブリ・オプティマイザ」(6000シリーズ用)も発売されています。







関連製品リンク
関連製品リンク
All Rights Reserved, Copyright (C) Hiratsuka Engineering Co.,Ltd. 2001-2016